カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

“ウチ、粛々とやってますねん”  世の中スケッチ Vol. 18

久々に世の中スケッチを描きます。コロナ感染で続く緊急事態宣言下でも、路線にもよるでしょうが、都内の通勤時間帯の電車は90%の混雑です。“すし詰め”電車を回避したいので、トシをタテに夕方は早めの帰宅をさせてもらってます。

カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

“セーブ・ザ・チルドレン!!”  世の中スケッチ Vol. 17

思わず胸の内でこう叫んでしまう。いたいけな小学生たちが刃物で襲われ、小6の女児が命を断たれた無差別殺人事件。見送りの若い父親も犠牲者の一人だった。事件の詳細を知るにつれ遺族の思いを想うと胸がつぶれる。2001年、大阪の小 […]

カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

ほんとうは昭和の終焉? 世の中スケッチ Vol. 16

平成とはどんな時代だったのか、新聞などで回顧記事を見かけますが、わずか30年の短い年月から何をくみ取れるのか、うまい言葉が見つからず思案してしまいます。 記憶に残るのは自然災害ばかり。戦後最大の犠牲者を出した東日本大震災 […]

カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

アマスポーツの闇 世の中スケッチ Vol. 15

連日報道を賑わした日大の悪質タックル問題は、監督、コーチの永久追放という処分で一件落着したかにみえます。しかし、監督の指示に盲従せざるを得ない指導者と選手の関係は、程度の差こそあれアマスポーツ全般にまだ根強く幅を利かして […]

カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

おそるべしフォーティン。  世の中スケッチ Vol. 14

ご多聞にもれず日曜日の定番のエンターテーメントは、TVのスポーツ中継を観ることです。ゴルフであれ、野球であれ、サッカーであれ、スポーツ中継の展開途中でうつらうつら居眠りしたり、急にアナウンサーの熱い声に飛び起きたりして、 […]

カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

“前略おふくろ様”  世の中スケッチ Vol. 13

人気のNHKの朝ドラ『ひよっこ』では、劇中のナレーションは“お父さん…”で始まる父親に宛てた手紙をヒロインが読む態で挿入されています。このナレーション形式で思い出すのは、このドラマの時代(昭和39年)から10年後の昭和5 […]

カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

流行りものの賞味期限  世の中スケッチ Vol. 12

このところ人気がひと段落してきた感があるピコ太郎さんのPPAPですが、それでも今、世界で最も知られている日本人であることは間違いないでしょう。コワモテの面相と、音楽に乗っておネエのような身振りのギャップがじつに掴(つか) […]

カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

ストーリーがなければ始まらない  世の中スケッチ Vol. 11

フィギュアスケートの世界一を決めるグランプリファイナルのテレビ中継にすっかり魅了されてしまいました。ひとりひとりの演技には、それぞれ物語(ストーリー)があって、高度なジャンプやステップに加えて、頭から指先にいたるまで身体 […]

カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

彩湖  世の中スケッチ Vol. 9

埼玉県戸田市にある河川敷のゴルフコースをプレイしていると、コースに沿って静かに流れる荒川をボート競技の練習艇が走り去る光景を時おり目にします。掛け声役(コックスというらしいですが)の力強い声をのぞけばオールが水を切ってい […]

カテゴリー
コラム 世の中スケッチ

燃える、萌えるカープ女子たち  世の中スケッチ Vol. 8

十数年ぶりに広島を訪れました。運よくチケットが入手できたので、マツダスタジアムで広島・巨人戦の好カードを観戦することができました。以前は原爆ドームの通り向こうにあった広島球場は、広島駅近くのJR線路沿いに移転して、試合中 […]